読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ray=Out!

趣味と遊びのブログマガジン「Ray=Out」アメリカンルアーインプレッションやら秋田犬やら筆者の選んだ最近の話題をつらつら書いてます。

我が家に犬がやってきた!

Dogs 秋田犬

2016年7月、ひょんなことから我が家に1匹のワンコがやってきました。岐阜県の多治見市にある高速道路のSAで保護されたというワンコは、どこか落ち着きがなく、私の顔を見るなり何かモノ言いたげだったのです。


ただ、我が家にはちょっと内向的な長男、アレルギー症の長女、やりたい放題の次男と、3匹の怪獣がいるようなもの・・・「飼ってやりたいけど・・・」が私の正直な所でした。「飼い主が決まらなければ殺処分」さてはて、どうしたものか???

秋田犬って検索すると出るわ出るわ・・・

秋田犬がブームだ。

かのプーチンさんの愛犬も秋田犬らしい。そんなことよりこいつ・・・

2016年7月から我が家にやってきた秋田犬「定治」である。

掛け値なしに可愛いのだ。デカくても、である。
我が家にはアレルギー持ちの娘が居てとても飼えない。しかし引き取ってきたジジイ曰く「飼い主が決まらなければ殺処分」だそうだ。かわいそう以前に「なんでこんな犬が捨てられてんの?」のほうが大きかった。途方にくれた目をしていたコイツ、なんとなく不憫に思ってしまったので、私が引き取ることにした。

年間の犬、猫の殺処分は増えるばかりだ

f:id:haro33takoshi:20170213134123p:plain

www.koinuno-heya.com

 年間の犬の殺処分の件数が15,000件を超えているらしい。いろいろ調べていると、これでも減っているのだそうだ。

もう一つ気になるデータがあった。

f:id:haro33takoshi:20170213172729p:plain

こちらは流通移送中に死亡した犬や猫の数だそうだ。
見比べてみるとどうだろう?殺処分並みの数ではなかろうか?

これはペットショップの生体販売が寄与しているデータで、輸送中に死んでしまうケースの数。輸送中とは?と不思議に思う方もいるだろうが、ペットショップで売られている展示生体の事、どのように輸送されているかご存知だろうか?


ペットビジネスの闇。 引き取り屋  ペットショップ根絶を願う。

とまぁ・・・欧米では全く考えられない実態である。ってね、この売り方は中国や韓国と変わらない(あっちはほら、犬、食べるから)

一歩間違えれば定治はこんな劣悪な環境に居たのだ。SAに捨てられた時点で随分と劣悪なやり方だと思うし、そもそも元の飼い主はブリーダーを名乗っていたらしく、飼い切れなくなって捨てたのだと言うではないか。

今ではこんな感じで家では自由にしてるwww

何ていうのですかね・・・ペットショップの生体販売は反対なのです。

というわけで・・・機会があればペット業界の闇を追いかけてみたいと思います。

で、定治くんにはブログのネタになってもらい、このRay=Outに出演してもらいました。

 

あ、うちの定治さん、週刊東洋経済にちらっと載ってます。でもこの号は非常に考えさせられる内容で、人間よりも生きられない生き物を飼うということは実はどうゆうことなのかを考えさせられました。

でわでわ・・・

あ、この記事にメッセージいただけたらものすごいモチベーション上がります!
またメッセージじゃなくてメールでコンタクトを取りたいって方いましたら、 webmagazinerayout☆gmail.comまでお願いします!(☆を@に変えてください)